戦後文学を問う - 川村湊

戦後文学を問う

Add: zoraku22 - Date: 2020-12-18 22:03:33 - Views: 3218 - Clicks: 4969

戦後文学を問う : その体験と理念 フォーマット: 図書 責任表示: 川村湊著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1995. 川村湊は、加藤典洋からの批判を「私が声明の署名者の一人でなければ『なるほど』と肯いてしまいそうな明晰な論理」「根源的でかつ苛烈なもの」であり、そして自分は、「平和憲法」にある「戦争の放棄」という条項を「信じているフリをしてみよう」と思って署名した、と述べた 。. 「戦後」という制度 : 戦後社会の「起源」を求めて フォーマット: 図書 責任表示: 川村湊責任編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : インパクト出版会,. 1 形態: iii, 239, 5p ; 18cm 著者名: 川村, 湊(1951-) シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 371 書誌ID: BNISBN:子書誌情報.

川村, 湊(1951-) isbn:書誌id: bb06398589. 26 ndlc : kg322 ndlsh : 戦争文学 ndlsh : 日. 戦争と戦争文学と 種類: 図書 責任表示: 高崎隆治著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本図書センター, 1986. 紙の砦—自衛隊文学論 著川村湊 本書は、自衛隊を題材にした小説や映画、つまり「自衛隊文学」の読解を通して、自衛隊を考察するものである。もちろん、本書には自衛隊に関する政治的・法的な議論があるし、その部分も重要である。しかし、本書をユニークにしているのは、何よりも自�. その他の標題: 原発と原爆 : 核の戦後精神史: 注記: 文献一覧: p215-219: タイトルのヨミ: ゲンパツ ト ゲンバク : カク ノ センゴ セイシンシ: 著者名ヨミ: カワムラ, ミナト: 主題.

・川村 湊『戦後文学を問う』(岩波新書 1995 0) 終戦時から1990年代に至る戦後文学の流れを押さえながら、そこにはらまれてきた「安保」「性」「在日」といった問題を考察していく。戦後における社会と文学の関係を知るには好適の書。. 4 図書 訪れる神々 : 神・鬼・モノ・異人. 『震災・原発文学論』- インパクト出版会、年. 川村, 湊(1951-) 朝日新聞社. 6 図書 土のふるさと : 長塚節文学賞入選作品集. お申込み方法.

『原発と原爆 「核」の戦後精神史』- 河出ブックス、年. 「戦後の戦争」を題材に! 新しい文学を収録 『朝鮮戦争』 敗戦からわずか五年、隣国で勃発した戦争に日本人作家は何を見、在日作家は、民族の悲劇をいかに描いたか。 解説=川村 湊・成田龍一: 金石範 『鴉の死』 張赫宙 『眼』. 11 図書 「大東亜民俗学」の虚実.

デジタル版 日本人名大辞典+Plus - 川村湊の用語解説 - 1951- 昭和後期-平成時代の文芸評論家。昭和26年2月23日生まれ。55年「異様(ことよう)なるものをめぐって―徒然草(つれづれぐさ)論」が群像新人文学賞優秀作となる。57年から韓国の東亜大日語日文学科でおしえ,のち母校法大の教授。. 川村湊(Kawamura, Minato) 1951年2月、網走市に生まれる。文芸評論家。1981年「異様なるものをめぐって─徒然草論」で群像新人文学賞(評論部門)優秀作受賞。. 戦後文学を問う―その体験と理念 (岩波新書 新赤版 (371))posted with amazlet at 14. 川村湊責任編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : ぎょうせい, 1995. 川村 湊『戦後文学を問う―その体験と理念 371巻』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約12件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 『海峡を越えた神々 ~ 』 - 河出書房新社、年. 川村, 湊(1951-) ぎょうせい. 〈戦後社会〉の自明性への問いかけ ・『戦争はどのように語られてきたか』川村湊・成田龍一他 〈戦後世代〉の「責任」を問う ・『半難民の位置から――戦後責任論争と在日朝鮮人』徐京植 〈戦後世代〉と.

8 図書 現代アイヌ文学作品選. 川村, 湊(1951-) 国文社. ソウル都市物語: 歴史・文学・風景 フォーマット: 図書 責任表示: 川村 湊言語: 日本語 出版情報: 東京 : 平凡社,. 川村湊 (かわむら みなと) 文芸評論家/法政大学国際文化学部教授 1951年生まれ。韓国・東亜大学助教授を経て法政大学国際文化学部教授。著書に『言霊と他界』(1990年、講談社)、『南洋・樺太の日本文学』(94年、筑摩書房)、『日本の異端文学』(.

10 図書 批評という物語. 3 図書 戦後文学を問う : その体験と理念. 5 図書 海外編. 日本の異端文学 フォーマット: 図書 責任表示: 川村湊著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 集英社, 12 形態: 198p ; 18cm 著者名: 川村湊著 シリーズ名: 集英社新書 ; 0120F ; 書誌ID: BAISBN:.

川村, 湊(1951-) インパクト出版会. 戦争はどのように語られてきたか(上野千鶴子;川村湊;成田龍一) 大岡昇平『レイテ戦記』を読む(奥泉光;川村湊;成田龍一) 従軍記から植民地文学まで(イ・ヨンスク;川村湊;成田龍一) 井伏鱒二『黒い雨』を読む(井上ひさし;川村湊;成田龍一) 戦後の戦争文学を読む(高橋. ふるさと文学館 Format: Book Responsibility: 川村, 湊(1951-) Published: 東京 : ぎょうせい,Description: 55冊 ; 22cm Authors:. 作家川村 湊はその素晴らしい作品で世界中に知られています。 彼は長い間文学・評論, 戦後文学を問う - 川村湊 一般文庫, 評論・文学研究, 未分類, 文庫, アジア史のスクリプトも書きました。 川村 湊は傑出した仕事をしており、暇なときにしか本を書いていないことに注意してください。 最初の成功の後、彼は彼の国.

ソウル都市物語 : 歴史・文学・風景 フォーマット: 図書 責任表示: 川村湊 著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 平凡社, 04 形態: 271p ; 18cm 著者名: 川村湊 著 シリーズ名: 平凡社新書 039 ; 書誌ID: BAISBN:. 3 形態: 248p ; 20cm 著者名: 川村, 湊(1951-) シリーズ名: 川村湊評論集 ; 1 書誌id: bn02791900. 3 図書 戦争はどのように語られてきたか. 子書誌情報.

川村, 湊(1951-) 人文書院. 9 形態: 651p ; 22cm 著者名: 川村, 湊(1951-) シリーズ名: ふるさと文学館 ; 第55巻 目次情報: 川村, 湊(1951-) 吉川弘文館. 戦前・戦中・戦後、昭和22年はじめまでの安吾全エッセイから坂口安吾の文学、人生観を最も深く、強く語ったもの、例えば「farceに就て」「牧野さんの死」「茶番に寄せて」「日本文化私観」「青春論」「堕落論」「恋愛論」等々、22篇収録。“精神の巨人”坂口安吾の反骨精神横溢する選. 川村湊は『戦後文学を問う』(岩波新書)の中で、次のように書いている。 ごく一般的にいえば、「在日朝鮮人(在日コリアン)が」「日本語で」「〝民族的アイデンティティーの危機のなかでの、彼らの苦悩と抵抗〟を」表現した文学というようにまとめることができるかもしれない。. 川村湊著 出版情報: 東京 : 作品社,. jpで詳細を見る冒頭一行目に、日本の戦後文学は「帰る」ことから始まった、とあって、はっとする。そうなのだ。戦争が終わったら、みんなどこかへ帰るのだ. 川村湊(かわむら・みなと)1951年北海道生まれ。法政大学法学部政治学科卒業。韓国・東亜大学助教授を経て、現在、法政大学国際文化学部教授。文芸評論家。1980年、「異様なるものをめぐって──徒然草論」で群像新人文学賞受賞。1995年、『南洋・樺太の日本文学』で平林たい子文学賞受賞.

2 図書 戦後文学を問う : その体験と理念. 9 図書 マザー・アジアの旅人 : シンクレティズム紀行. 渡部直己 不敬文学論序説 川村湊 生まれたらそこがふるさと―在日朝鮮人文学論 加藤典洋 戦後的思考 高橋哲哉 戦後責任論 笙野頼子 ドン・キホーテの論争 亀井秀雄 小説論 小森陽一 小説と批評 小谷野敦 江戸幻想批判 平田由美 女性表現の明治史.

川村, 湊(1951-) 現代書館. 4 図書 独裁者に原爆を売る男たち. 10 図書 原発と原爆 : 「核. 川村, 湊(1951-) 講談社. 「言葉でアジアを描く―現代文学とアジア」のテーマで文芸評論家の川村湊(かわむら・みなと)さんが講演をされました。 戦後書かれた日本語による文学、特に小説について、 1.思い出・郷愁としてのアジア 2.アジアの戦争 3.物語アジア. 狼疾正伝--中島敦の文学と生涯 - 川村湊. 川村湊著『戦後文学を問う』岩波新書 「時代の推移と社会の変貌につれ、その時々の課題を担ってきた戦後日本の文学」を、「政治」「皇室」「ベトナム戦争」「性」「モータリゼーション」「アメリカ」などのテーマに沿って論じています。.

新規登録; ログイン; English. 3 形態: 332p : 挿図, 肖像 ; 21cm 著者名: 川村, 湊(1951-) シリーズ名: 文学史を読みかえる ; 5 書誌id: baisbn:. 20川村 湊 岩波書店 売り上げランキング: 668,277Amazon. ―“冷たい”核戦争/ 戦後文学者のアジア体験/ 事変下の“戦争文学”―戦争と文学の言説を検証する/ 軍旗と勲章 【著者紹介】 川村湊 : 1951年北海道網走市生まれ。1974年法政大学法学部卒。1980年「異様なるものをめぐって―徒然草論」で群像新人文学賞を受賞し、文芸評論を開始。以後『南洋. 9 図書 異郷の昭和文学 : 「満州」と近代日本. 8 形態: 227p ; 20cm 著者名: 高崎, 隆治書誌id: lb21039809. 川村, 湊(1951-) 岩波書店.

8 図書 韓国朝鮮在日を読む. 【無料試し読みあり】原発と原爆 「核」の戦後精神史(川村湊):河出ブックス)戦後の日本が世界中の人々に本当に伝えるべきこと、それは、被爆=被曝の体験から生まれた文化、原子力による被害の文化である―。ゴジラと放射能恐怖映画から、鉄腕アトム、広瀬隆『東京に原発を! 1 形態: iii, 239, 5p ; 18cm 著者名: 川村, 湊(1951-) シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 371 書誌ID: BN11894744. 9 図書 作文のなかの大日本帝国. 4 形態: 271p ; 18cm 著者名: 川村 湊シリーズ名: 平凡社新書 ; 039 書誌ID: BAISBN:. 川村湊 第二次世界大戦後(1946年)に登場してきた文学者たちを、 第一次戦後派 、 第二次戦後派 などと呼んだ。 第一次には、 野間宏 、 武田泰淳 、 椎名麟三 、 梅崎春生 、 埴谷雄高 、 堀田善衛 などの作家が挙げられ、第二次には 大岡昇平 、三島由紀夫、 安部公房 などが挙げられる。. 川村湊著 言語: 日本語. 川村湊著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 国文社, 1983.

資料形態(詳. 川村 湊 (近代の)作品が、そうした“二重性”(日本本土と沖縄)の葛藤にその存在の根を下ろしていたのに対し、沖縄の「戦後小説」は、むしろ日本を相対化するアジア的な広がりや、アメリカと対峙する沖縄の政治的な緊張関係のなかに位置づけられていたといってもよい。. 川村 湊〔著〕 白水社 2800円+税 昨年(年)は戦後70年に当たったため、アジア太平洋戦争及び戦後についての論文が各方面から多数発表された。加えて安倍政権が推し進めた臨戦態勢構築(安保法制)についての議論も国民的規模で噴出した。昨年は“戦争・戦後論”の花. 主な著書:『わたしの釜山』『南洋・樺太の日本文学』(平林たい子文学賞)『戦後文学を問う』『補陀落―観音信仰への旅』(伊藤整文学賞)『村上春樹をどう読むか』『川村湊自撰集』全5巻など. 川村湊 戦後批評論 高澤秀次 評伝 中上健次. 諏訪, 春雄(1934-), 川村, 湊(1951-) 雄山閣出版.

主題: 戦争文学; 日本文学--歴史--昭和時代: 分類・件名: ndc8 : 910. 戦争の谺 軍国・皇国・神国のゆくえ - 川村湊/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 存在への執着と疑いに発する文学 掲載年8月30日 * 評者阿刀田高(作家) 生誕100年、早世した中島敦についての入念な評伝である。作家研究として深い。 残された作品の多い作家ではない。ある時期まではそう高い評価を受けた作家ではなかっ. 3 図書 福島原発人災記 : 安全神話を騙った人々. 4 図書 戦後文学を問う : その体験と理念. 川村 湊『川村湊自撰集 第三巻 現代文学編』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

川村 湊(かわむら・みなと)氏 講師プロフィール:1951年北海道生まれ. 川村 湊 かわむら・みなと・・・昭和26年北海道網走生まれの文芸評論家。法政大学法学部政治学科卒。「異様(ことよう)なるものをめぐって─徒然草論」で群像新人文学賞を受賞した。朝鮮・韓国文学にも詳しい。平成5年から毎日新聞の文芸時評を担当している。『物語の娘. 「始源の光 在日朝鮮人文学論」及び「在日文学論」(磯貝治良)、「在日朝鮮人日本語文学論」(林浩治)、「生まれたらそこがふるさと 在日朝鮮人文学論」及び岩波新書「戦後文学を問う」所収の「『在日する者』の文学」(川村湊)、「戦後〈在日〉文学論」(山崎正純)などが代表的で. 「川村湊」の電子書籍はソニー【Reader Store】。国内最大級の品揃え!無料本も多数!. 戦後文学を問う - 川村湊 『川村湊自撰集』全5巻 - 作品社.

戦後文学を問う - 川村湊

email: ovukive@gmail.com - phone:(244) 448-8761 x 3123

啓林版算数準拠小学算数5年 2・3学期 - 教育文化研究会 - 東松照明

-> 三世代近居の健康長寿学 - 杉村和彦
-> 戦後文学を問う - 川村湊

戦後文学を問う - 川村湊 - 水鳥喜喬 人名の由来


Sitemap 1

アニメ 世界の名作シリーズ ファーブル昆虫記 セミとオサムシ -